借地権と一軒家

借地権付きの一軒家はお得でしょうか。
借地権があるということは、どう転がっても土地は自分のものではありません。
ですから、一軒家の場合、ローンが終了したとしても、建物は自分のものになりますが、土地は他人のものです。
償却の時になったら、建物も処分するなりして返却しなければならないことになります。 借地権の契約満了時には、建物は撤去しなければならないことになっていますが、土地所有者の承諾があれば、売却も可能になります。
ただ、建物が老朽化していたり、売却も困難ということになれば、建て壊しということになります。
ということは、借地権付きの一軒家に関しては、少し無駄なこともあると言えそうです。 借地権付きの建物を住宅ローンで買おうという時にも、土地代が含まれないことから、困難なこともあるなど、わざわざ借地権付きの一軒家は買う値はないという意見もあります。
ただ、一等地などでの借地権付き一軒家は、かなり安い価格になっているのも確かです。
購入金額がかなり安いことで、飛びついてしまうこともありますが、ここはじっくりと検討することが必要でしょう。
たいてい50年くらいの契約になりますが、この先50年の事はなかなかわかりません。 また、借地権の法律も改定されたばかりで、実際に50年経った物権がまだ存在しないことも不安材料の一つです。
不動産屋にしても、オススメするというようなところもありますが、考えたほうが良いという慎重意見も少なくありません。

※注目関連サイト
逆に借地権を売却したい方はこちらのサイトを参考にしてみて下さい → 借地権 売却

Copyright © 2014 借地権付きの物件はお得か? All Rights Reserved.